便利な使い方ができるスマートフォン


2つのスマートフォン

スマートフォンはアメリカのアップル社が出しているiPhoneと、その他のメーカーから発売されているスマートフォンに分けることができます。その他のスマートフォンでは、グーグルが提供しているOSのアンドロイドを搭載しています。それぞれの携帯電話で特徴が異なりますし、使いやすさも違ってくるので、日本でもそれぞれのスマートフォンを利用している人がいます。

iPhoneは2007年に初代の機種が発売されました。日本では、2008年にソフトバンクから発売されて普及していきました。初代iPhoneが発売されてから進化し続けていて、多くの日本人が使っているスマートフォンとしてシェアを維持し続けています。

アンドロイドはグーグルが提供しているOSです。そのアンドロイドを搭載しているスマートフォンも日本で普及しています。iPhoneとの差別化を図るために、世界中の企業が開発に力を入れています。数年前までは韓国企業の商品が爆発的に普及していまいたが、現在では中国の企業が発売しているスマートフォンが日本でも人気があります。ソニーなどの日本企業が開発したスマートフォンもあります。

このようにアップル社が出しているiPhoneと、その他のメーカーから発売されているグーグルが提供しているOSのアンドロイドを搭載しているスマートフォンには、明確な違いがあることを理解しておきましょう。